本文へスキップ

主なニュース(2019年3月18日)


大洋自動車交通、帝都Gから脱退(本紙3月18日号2面に掲載)
       

  • 未来投資会議新方針に積極姿勢 川鍋全国ハイヤー・タクシー連合会会長
     全国ハイヤー・タクシー連合会は13日、東京・市ヶ谷の自動車会館で正副会長会議・理事会を開催、川鍋一朗会長(日本交通会長)は政府の未来投資会議(議長=安倍晋三首相)が打ち出した「タクシー事業者の自家用有償旅客運送への参画・協力」について「われわれがプロとして運行管理、整備管理のノウハウを提供する。積極的に取り組みたい」と意欲を示した。講演した国土交通省の金指和彦自動車局旅客課長は「(自家用車の)ライドシェアについて何か検討するという話は出ていない。いろいろ報道されているが、事実は安倍首相の発言にある」と述べ、「ライドシェア解禁」として取り上げた一部報道を否定した。
  • 貸切バスの安全性一目で 国交省が検索サイト開設
  • 神奈川観光タクシードライバー、小田原・箱根地区で初認定
  • 消費増税、法・個タクシー運賃格差回避も

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186