本文へスキップ

こちら交通政策担当

第3回:栃木・鹿沼市 市民部生活課交通対策係

「終身無料乗車券」を交付  ---免許返納者へ施策


 鹿沼市の公共交通は、コミュニティバス「リーバス」12路線、デマンド交通「予約バス」4地区、民間バス3路線、鉄道2路線で運行し、公共交通の人口カバー率が93.7%(2016年4月現在)です。車社会の進展や人口減少により、バス利用者の数は年々減る一方、市の財政負担は増加傾向にあります。 17年3月に「鹿沼市地域公共交通網形成計画」を策定。この契約に基づき、8月から運転免許自主返納事業の拡大として、栃木県で初めて、リーバス・予約バスの「終身無料乗車券」甲府をスタートしました。 11月には「いちご市」や「クールチョイス」をPRするため、真っ赤にフルラッピングした「いちごバス」の運行、そして「鹿沼明まつり」のユネスコ無形文化遺産登録を記念し、「リーバス無料乗り放題」の企画など、積極的に事業を展開しています。 今後も効率的で利便性の高い地域公共交通を目指し、チャレンジ精神をもって、新たな施策・事業に取り組んでいきます。」


写真説明
真っ赤なラッピングの「いちごバス」の前で。
右から渡邉孝道生活課長、交通対策課の寺内淳さん、臼井幸子係長


■プロフィル■
担当セクション名:市民部生活課交通対策係
人数:3人
責任者の名前:生活係長=渡邉孝道(所属長)
       交通対策係長=臼井幸子
市政:鹿沼市は、栃木県央西部に位置し、人口は約9万7000人、面積は490平方キロメー
トル。県都宇都宮市や日光市に隣接、東部日光線やJR日光線、東北縦貫自動車道が走って
おり、首都東京から約100キロメートルの圏内で、高い地理的優位性を有す。2016年11月
に「いちご市」を宣言し、シティプロモーションのスローガンとしている。



【2018年6月25日付 掲載】


鹿沼市 市民部生活課交通対策係
https://www.city.kanuma.tochigi.jp/0312/info-0000001411-0.html


こちら交通政策担当:バックナンバー

本紙に毎月連載中。
地域公共交通分野で交通事業者、市民らと一緒に取り組む地方自治体の交通政策担当。
市民の足を影で支える存在である担当者の皆さんに、活動を紹介していただくコーナー。

 第4回:東京・葛飾区 都市整備部調整課交通計画担当係
 第3回:栃木・鹿沼市 市民部生活課交通対策係
 第2回:福岡・直方市 産業建設部商工観光課公共交通係
 第1回:埼玉・所沢市 経営企画部企画総務課交通政策室



バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186